雨漏り修理、業者選びと費用、時間について

雨漏り修理の費用

雨漏り修理の場合、現地調査による原因の特定が必要です。これまでにも見てきたとおり、これをしない限り、見積もりを出すことができません。
業者によっては、現地調査により、何通りかの見積もりを作成してくることがあります。このような場合は点順や、修理に使用する材料に違いがある場合がほとんどです。雨漏り修理の場合、原因や発生箇所の状況、屋根材や建材の種類など、料金を左右する要素が多くあります。そのため、一般的な費用、相場のようなものは残念ながらありません。あくまでも参考程度ということでご紹介するならば、以下のような感じになります。(応急処置以外は、比較的規模の大きい修理を想定しています)
  • 応急処置(約2万円から30万円)
あくまでもコーキング不良が原因による雨漏りの応急処置です。これだけで雨漏りが直るわけではありません。
スレートや瓦の割れから来る雨漏り(約30万円から100万円)
一戸建てで多く使われている屋根材・スレートの割れ目から水が浸入している場合は、コーキング剤での補修で、侵入箇所を塞いでいく作業が必要になります。また、スレート自体を交換する必要がある場合や、ルーフィングに手を入れる場合もあります。
 
  • 経年劣化を原因とする雨漏り(約100万円から300万円)
経年劣化を原因とする雨漏りを修理する場合、原因となる場所が複数にわたる場合が多くあります。このような場合は、傷んだ屋根材を新しい屋根材に交換する葺き替えが必要になることが多くなります。その際はルーフィングや雨樋なども交換することになります。
 
  • 漆喰の剥がれを原因とする雨漏り(約30万円から90万円)
漆喰は日本の瓦屋根の家に特有のパートで、石灰や粘土などを混ぜ合わせて作ります。瓦や石材を接着したり、隙間に充填したりと、日本の建築には欠かせない建材として知られています。原因になっている箇所の漆喰を壊して、再度、漆喰を注入して仕上げます。
 
  • 金属板や棟板を原因とする雨漏り(約30万円から90万円)
主にスレート屋根の頂上にある金属板に雨漏りの原因がある場合、この部分を分解、清掃して漏れを止める作業になります。金属が反ったり、ネジやリベットといったパーツが緩んだりすることで水が浸入します。
雨樋修理(約20万円から)
屋根とは別に、雨樋の施工不良で雨漏りが発生している場合もあります。このような場合は、雨樋の排水キャパシティーが間に合わずに水があふれていることが考えられます。新しい雨樋に交換するのが一般的です。